家でできる 簡単 お手軽バーベキューやってみた

アウトドア

どーもfano2です。

春になり暖かくなってきましたね。

そんな時は外に出て、家族や友達とワイワイとビールでも片手にバーベキューを楽しもう!

バーベキューに初心者(ボクもです)でも簡単にできるやり方をご紹介。

必要なもの

バーベキュー用コンロ

当たり前ですがこれは必須。

ボクはコールマンを使っています。

ネットだとわりとお手頃価格で買えちゃいます。

人数や規模によって必要量は変わってきますが、大人一人当たり1kgが目安だそうです。

炭用の軍手もしくは鉢

素手で炭を触るのはやめましょう

火起こし用のチャッカマン、ライター

ガスバーナーでも代用可能 です。ガスバーナーがあれば料理の幅も広がる⁈

うちわ

 火起こしするときに使います。

トング、食器類

 トングは100均とかではなく、アウトドアメーカーのがおすすめ。値段もそんなに変わらないです。

 食器類は外で洗い物ができる場所や家の庭でやるなら、プラスチック製がおすすめ!

 100均とかに売ってる紙食器でもOKです。

食材

 これはお好みで食べたいものを準備しましょう。

 個人的には高級なお肉よりもお手頃なお肉がおすすめ!

 なんだかんだ炭で焼くと2倍増しでうま味を感じます。

ビール

これは間違いなく必須!というかこれがないと成立しません!

楽しむためのバーベキュー⁈いいえ!ビールを飲みためのバーベキュー!!

子どもはアルコールを飲まない方用のドリンクもお忘れなく。

必要最低限はこれくらいあれば問題ないです。

準備開始

食材編

まずは下ごしらえから、野菜やお肉を切っていきます。

今回はお手頃ということで、メインのお肉はやきとりとスーパーで格安だったUS産のステーキにしました。

焼き鳥は一口大に切ってネギまに

US産のステーキは塩、胡椒と家にあったマジックスパイスで下味とつけてなじませます。

焼き鳥は塩焼きのみのつもりでしたが、タレでも食べたくなってので、ネットで調べて即席でタレを作りました。

・醤油・砂糖・みりん・ネギの余り部分・鳥皮の余りを15分くらい弱火で煮立たせて、あとは氷水で冷やして完成。

(本来はあと10分くらい煮立たせて方がいいみたいです。)

容器はペットボトルを切って使うと便利です。

外でやるときは家で作って、現地で上の部分でカッターで切ると完成。

ペットボトルって便利だなーって感心しました。

そんでこれを思いついた妻のアイデアにも驚嘆!笑

火起こし編

食材がそろったところで、火起こし開始。

(食材係と分担すると効率的です。)

まずはコンロをセット。

ここでおすすめなのが炭を下に敷くアルミホイルをセット。

これがあるだけでコンロに油が付かず、後片付けも楽チン。コンロに直に火もあたらないので、コンロも長持ちしてくれる、まさに一石二鳥、三鳥の優れもの!

そして、火おこしをより簡単にしくれるのがコチラ↓

ロゴス 着火剤 防水ファイヤーライター

一度火を付けると13分~17分燃え続けてくれます。しかも防水で、湿気ないので保管も心配いりません。

これに火をつけて炭を置いていきます。

置き方のポイントは、

・空気の通り道を意識してできるだけ高く積み上げる。

この一点のみに気を付けて炭をセットしましょう。

少しづつ炭に火がついてきたら、うちわで横から風邪を送りましょう。

今回はアウトドアっぽくしようと火吹き棒で風を送ってみました。

ピンポイントで狙ったところに風を送れるのがナイスです!

ただ、肺活量が心配な人はしんどいです。

焼いて食べよう

さあいよいよ本番!

まずは焼き鳥から

まずは、塩焼きで塩コショウを振りつつ

うん!美味い!

やっぱり炭で焼いてお肉は最高!

続いてはタレ!

こちらもいい感じ!

お待ちかねのステーキ!

片面2分ずつくらいでいい感じに焼けました。

写真を撮り忘れてました。

あまり美味しそうじゃないのですみません。

最後に余った焼き鳥のタレで焼きおにぎりをしたのですが、そちらも最高でした。

ビールが進んだおいしいバーベキューで、子どもたちも大喜び!

後片付け

洗い物は、コンロ、トング、食器類のみ。

あとはごみ袋に入れるので、後片付けは意外と楽です。

コンロにまだ火が付いている炭が残っているので、水を張ったバケツかボウルを持ってきて鉢でつかんで火を消します。水はすぐにぬるくなるので、炭がたくさんある場合は、水を何回かに分けて張り直しましょう。

形が残っていてまた使えそうな炭は、ざるに入れて乾燥させると次回にも使えます。しかも着火もはやいので、火起こしに最適。

で火が消えている小さな炭は、事前に敷いておいたアルミホイルでくるっと巻いてそのままゴミ箱へ。念のため、必ず火が消えているか確認しましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

もっと暑い日だったら、クーラーボックスに氷をいれてビールやジュースを冷やすとよりアウトドア感を楽しめます。

ちなみに今回は鶏肉とUS産のステーキ、野菜、ウインナー、厚揚げくらいだったので、飲み物も入れて材料費は大人二人子ども二人で3,000円くらいです。食材にこだわらなければ、意外と安くできるので、バーベキューはおすすめです。

最後に家の庭でやるときは、周辺の迷惑を配慮して行いましょう。

近隣の家との距離が近い場合は、トラブルにもなりかねないので、できればやらないほうがいいです。

では、たのしいアウトドアライフを!

FUN”RUN”

コメント

タイトルとURLをコピーしました