アディゼロ ボストン 8 ワイド幅 【レビュー】

シューズ

どーもfano2です。

ランニングもすっかり板についてきたと思ったので、少し軽めのシューズを購入。
そこで、今回はボクが買った本格的なランニングシューズ(2足目)のアディゼロボストンブースト8をご紹介します。

2足目を買った理由

ランニングについていろいろと調べているうちに、多くのランナーは練習メニューによって靴を使い分けていることを知りました。

一番の理由がランニングシューズのクッションは一度練習で履くと48時間は戻らないそうです。ということは、毎日同じシューズを履くと傷むスピードが速くなってしまいます。

他にもロングランの時は、クッション性に優れたもの。スピード練習時は軽量のもの。用途に合わせたシューズを選ぶことが重要みたいです。

そのことを知ったボクは早速2足目のランニングシューズを買うことに。

アディゼロ ボストン 8を選ぶ理由

ランニングシューズに関しては、本や雑誌、インターネットでほどほどに知識は入れているつもりでした。でも、スポーツショップの店員さんに詳しく聞いたことはなかったので、今回は近くのスポーツショップで買うことにしました。

まず店員さんにリクエストしたのは、今持っているシューズ(アシックス GT2000 8)が少し重く感じていたので、軽めでクッション性も問題なく走りやすいシューズを聞いてみました。

そこでおすすめされたのが、今回のアディゼロ ボストン 8です。

履いた瞬間にフィット感、軽量感がすごくイイ感じ。

ピンク色も刺激的でシューズはオシャレにしたいボクにはピッタリでした。

ソールは薄めですが、クッション性に優れた「ブースト」を採用しているので、ペース走やスピード練習に活躍してくれそうです。

外観

ド派手なピンク色でかなり目立ちます。

サイズは26.0cmワイド幅を選択。

ちなみに前回購入したアシックス GT2000 8は2Eだったので、アディゼロ ボストン 8は普通幅だと狭めかもしれません。

店員さん曰く、アディダスは以前より横幅が狭くなっていて、逆にナイキは広くなってきているそうです。ナイキはアジア市場を意識しているのかも。

外側

アディダス定番の3本ラインが目を引きます。

メッシュアッパーで通気性も抜群です。

内側

非常にシンプルで英語で「ADIZERO BOSTON8」と表記があります。

後ろ

左右を後ろから見るとB・O・S・T・O・Nの文字が!
こういう細かいデザインもなんか粋な感じでいいですね!

ソール

白いところはスポンジのような触り心地でクッション性がありそうです。

そして注目してほしいのが爪先あたりの黄色の文字!

車好きならすぐにピンとくる、

Continental

ソールにはコンチネンタル製のラバーが採用されています。

かなり前から使用されているそうですが、全然知らなかったボクはビックリ!

グリップ力があるので、雨の日なんかでも走れます。

また、軽めのトレランなんかも全然平気で行けるみたいです。

母指球あたりにクッションがあり、前への反発力を与えてくれます。

重さ

26.0cmワイド幅で「221g」

めちゃくちゃ軽いわけではないですが、アシックス GT2000 8が「275g」だったので、約50gも軽く十分な軽さ。

履いた感想

今まで履いていた靴が割と重たかったので、かなり軽く感じました。

また、うす底のため地面の感触を直に感じ取れます。でもしっかりとクッション性もあるので走っていて疲れる感じはないです。

軽くて、グリップ力もあり颯爽と走れるので、ついついオーバーペース気味で走ってしまいました。

まとめ

2足目も個人的には悪くない買い物ができたんじゃないかと思います。

これで、ロングランやジョグをアシックス GT2000 8

スピード練習やペース走をアディゼロ ボストン 8と使い分けていきます。

シューズは何足あっても困らないですからね(笑)

ちなみに今回紹介したモデルはひとつ前の2019 Fall&Winter モデルだったので値段もおてごろでした。

新しいモデル、2020 Spring&Summerはアディダスの3本ラインがかすれたデザインになっています。機能的にはほぼ同等のようなので、2019 Fall&Winter十分なんじゃないかと。

好みやデザインで選べばいいと思います。

練習メニューに応じたシューズでランニングを楽しみましょう。

FUNRUN!

[アディダス] ランニングシューズ adizero Boston 8 wide メンズ ショックピンク F18/コアブラック/ランニングホワイト (F34059)

コメント

タイトルとURLをコピーしました